2019-12

フランスワーホリ

【フランスワーホリ】隣のマダム直伝。パンデピスの作り方

クリスマスサブレに引き続き、フランスのお菓子パン・デピス(Pain d'épices)の作り方を隣のマダムに教えてもらいました。 エピス(Épice)はフランス語で香辛料を意味する単語で、パン・デピスは「香辛料を使ったパン」...
フランスワーホリ

【フランスワーホリ】隣のマダム直伝。クリスマスサブレの作り方

もうすぐクリスマス!先日作ったクリスマスサブレ(Sablés de Noël)がすごく美味しかったので、レシピをご紹介します。 今住んでいる家の隣のマダムがとってもいい人で、たまにお家にお邪魔してお菓子作りをしたり、フランス...
フランスワーホリ

【パリ観光】フラゴナール香水博物館の無料見学ツアーがおすすめ!

Fragonard(フラゴナール)は、フランスの老舗香水ブランド。香水のメッカとも呼ばれている南仏のグラースで1926年に創業されて以来、多くの人に愛され続けています。香水、石鹸、ボディクリーム、ルームフレグランスなど幅広い商品が...
フランスワーホリ

【フランス観光】パリのおすすめ香水ショップ2選

香水の本場フランス。フランスでは、幼い頃から香りを身につける習慣があり、香水文化が根付いています。 そんなフランス・パリを訪れた際はチェックしたい香水ショップを2つご紹介します。 Fragonard(フラゴナール) ...
フランスワーホリ

【パリ観光】オルセー美術館と印象派作品

オルセー美術館は、ゴッホ・ゴーギャン・セザンヌ・ルノアール・モネ・マネ・ドガ・ドラクロア・ルソーなど印象派の画家の作品が数多く収蔵されている19世紀美術専門の美術館。 ルーブル美術館と並んでパリを代表する美術館であり、2月革...
フランスワーホリ

【パリ観光】ピカソ美術館とピカソが天才たる所以

ピカソ美術館は、パリのマレ地区にある画家パブロ・ピカソの作品を収蔵・展示している国立美術館です。ピカソの遺族が相続税として物納した作品が中心に置かれ、ピカソが死去する最後まで手元に留めていた貴重なものが多くあります。 ピカソ...
フランスワーホリ

【パリ観光】オランジュリー美術館が素敵だった

オランジュリー美術館は、印象派クロード・モネの「睡蓮」の連作を収めるために整備された美術館です。 パリは毎月第一日曜日に美術館が無料になるので、一つずついろんな美術館を訪れていますが、オランジュリー美術館がとても素敵だったの...
未分類

【パリ観光】ポンピドゥーセンターの国立近代美術館に行って抽象画と向き合った

毎月第一日曜日はパリの美術館の無料開放日なので、今月はポンピドゥーセンターの国立近代美術館に行ってきました。ここには主に20〜21世紀の近現代美術の作品が展示されています。 抽象的な作品が多く、何の絵なのか理解するのは難しい...
未分類

【ドイツ旅行】パリからバスでフランクフルトに行ってきた

前回、フランクフルトのクリスマスマーケットの記事を書きましたが、今回はクリスマスマーケット以外の観光スポットやカフェの情報をお届けします。 行き方 パリのBercy Seine駅からFrankfurt cent...
未分類

【ドイツ旅行】フランクフルトのクリスマスマーケットに行ってきた 2019

今年もクリスマスの季節がやってきました。何年も前から行きたいと思っていたドイツのクリスマスマーケットにやっと行くことができました。 今回は、パリから日帰りでフランクフルトにバス旅行。メルヘンチックで可愛らしく、魅力溢れるマー...
タイトルとURLをコピーしました