未分類 海外生活 考え方

【海外生活】お金をかけずにプチ海外移住する4つの方法

投稿日:2019年10月31日 更新日:

「日本での生活に疲れた」「人生に一度は海外生活してみたい」「でもお金の余裕はそんなにない」そういう方にオススメの方法をご紹介します!

貯金がたくさんなくても、ワーキングホリデーが使えない年齢でも、いろんな土地に行って新しい経験をする手はいろいろあります。

「現状に不満だけどどうしたらいいかわからない」「自分の好きなことがわからない」そんな人にとって、今までと違う環境に身を置いてみることで今後の人生を考えるヒントを得られるかもしれません。

今回は、お金をかけずに海外生活する4つの方法をご紹介します。

お金をかけずに海外生活する4つの方法

海外で宿泊費や生活費をかけずに滞在したいと思った時に使えるのが、1日数時間の労働をする代わりに宿や食事を提供してもらえるサービスです。希望者とホストをマッチングするプラットフォームをいくつか紹介します。

住み込みで働く

まず最初に紹介するのは、WorkawayとHelpXというサイト。働く代わりに食事と宿を提供してもらえます。世界中の国や都市からホストが集まっています。仕事内容は家事や育児から農業、掃除、DIYのお手伝いなど様々。サイトの言語は日本語に対応していないので英語で探す必要があります。

Workaway
https://www.workaway.info
登録料:一人36ユーロ/年・二人48ユーロ/年

HelpX
https://www.helpx.net
登録料:20ユーロ/2年有効

WWOOF(ウーフ)

WWOOFは世界中に広まっている農業ボランティアです。有機農家で仕事を手伝う代わりに宿や食事を提供してもらえます。オーストラリア、ニュージーランド、アメリカ、カナダ、ヨーロッパなど様々な国で展開されているので、希望の国のWWOOFサイトに登録しましょう。登録料は国ごとに異なります。

こちらから各国のWWOOFサイトに飛べます。
https://wwoof.net

フランス:
https://wwoof.fr
登録料:40ユーロ/年

カナダ:
https://wwoof.ca
登録料:一人50ドル/年・二人65ドル/年

オーストラリア:
https://wwoof.com.au
登録料:一人50ドル/年・二人65ドル/年

Au Pair (オペア)

海外でホームステイをしながら家事やベビーシッターをします。国ごとに勤務時間や給料についてオペアのルールが異なります。滞在しながら語学学校に行けたりお小遣いがあったりするのが魅力です。海外サイトからの応募は日本語に対応していませんが、英語が苦手な方は各国の日本人向け掲示板で募集がある場合もあるのでチェックしてみてください。

Au Pair World:
http://www.aupair-world.net/
登録料:無料

Find Au Pair:
http://www.findaupair.com/
登録料:無料

海外在住の日本人向け掲示板
フランス https://fra.mixb.net
フランス https://kaigai-bbs.com/fra/par/
カナダ  http://www.e-maple.net

Couch Surfing(カウチサーフィン)

こちらは仕事をするわけではなく、国際交流が目的の旅行アプリです。世界中で宿泊場所を提供できる人と旅をしたい人が登録しています。無料で滞在先を探したり現地の人と交流することが可能です。私の周りにも使っている人は多いですが、どんな人がいるかわからず問題も起きやすいので、特に女性は気をつけた方が良さそうです。

アプリのダウンロード
iOS / Android

私の経験について

私はこれまでフランスでWWOOFとオペアを経験しました。

WWOOFの経験についてはこちらの記事にまとめたのでご覧ください。

オペアは海外サイトではなく掲示板で見つけました。ただ、オペア専用のサイトで探した方がルールがきちっとしているので後々何かあった時に困らないかなと思います。

あとは、日本にいた時にゲストハウスでヘルパーを経験しました。私はサイトを通してないですが、世界中からWorkawayで集まってくる仲間と働いていました。大きな都市や有名な観光地以外にも募集があるので、旅行でなかなか行かない土地に人が集まるのも魅力だと思います。

さいごに

このような海外ボランティアのサービスは日本ではあまり浸透していませんが、世界中で利用している人は多く、いろんな出会いがあります。

お金をかけずに海外で生活をしたい、世界中に友達を作りたい、語学を上達させたい、将来について考える時間を作りたいという人にはぴったりだと思います。

どのサービスも英語が必要になりますが、やってみたらなんとかなります!

都会か自然の中に住みたいか、子どもが好きか、農業に興味があるか、それとも他の経験がしたいか。自分の興味に合わせていろんな選択肢があります。宿泊費・生活費がタダになるからという理由だけで行くと辛くなってしまうかと思いますが、気になるサービスがあればぜひ試してみてください!きっと今までにない新たな発見ができると思います。

-未分類, 海外生活, 考え方

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【パリ観光】木曜と日曜の朝はバスティーユのマルシェへGO!

バスティーユのマルシェに行ってきました。 パリでは至る所でマルシェが開催されますが、こちらはパリ市内最大規模。木曜と日曜に開催され、食料品から日用品まで様々なお店がバスティーユ広場に並びます。 行った …

【ドイツ旅行】パリからバスでHamburg(ハンブルク)に行ってきた

首都ベルリンに次ぐ第2の都市ハンブルク。 北ドイツに住んでいる友達を訪ねて7月にハンブルク旅行に行ってきました。とても個性的で素敵な街だったので、観光スポットや見たもの、食べたものをご紹介します。 T …

【フランスワーホリ】コリッシモ(Colissimo)の送り方。日本に荷物を郵送してみた

先日、友達に頼まれてフランスで買った商品を日本に郵送しました。コリッシモを使って案外安く簡単に、日本への到着もスムーズに送ることができました。旅行でついついお土産を買いすぎて、スーツケースに収まらない …

単純接触効果の解説と具体例、上手な使い方とは

今回は、単純接触効果について紹介します。 Table of Contents 単純接触効果とは不特定多数が対象無意識の役割「知っている」と親近感単純接触効果の具体例広告作られた流行単純接触効果の上手な …

【ベルギー旅行】パリからブリュッセル日帰り旅行に行ってきた(後編・チョコ編)

前回の記事では、ブリュッセルのムール貝、ワッフル、観光地についてご紹介しました。 今回は、ブリュッセル旅行の最大の目的と言ってもいいチョコについて。日本未上陸のお店を含め、おすすめのチョコレート店を見 …

広告

スポンサーリンク


ゆきだるま

愛知県出身、フランスワーホリ中の1991年生まれ。旅と読書と編み物が趣味。大学の専攻は社会心理学。日本の伝統文化や植物の力(オーガニック、アロマ)に興味があります。好きな言葉は適材適所。世の中の偏ったステレオタイプをぶっ壊したい。外注ライターをしながらブログ執筆中。もっと詳しく見る