フランスワーホリ 未分類 海外生活

【フランスワーホリ】隣のムッシュ直伝。Blanquette de veau(ブランケット・ド・ヴォー)の作り方

投稿日:2019年12月11日 更新日:

先日、隣の家のご夫婦とホームパーティーで、Blanquette de veau(ブランケット・ド・ヴォー)という「仔牛のクリーム煮」の作り方を教えてもらいました。

これを教えてくれたムッシュは、航空会社の機内食を作る会社で働いている調理従事者。私はブランケットを食べたのは初めてでしたが、ホストマザーはその辺のお店で食べるより美味しいよ!と言ってました。

復習も兼ねて、レシピをご紹介します。あまり馴染みのない材料もありますが、Crème épaisseは普通の生クリーム、グレープシードオイルはオリーブオイルなどで代用が効くと思うので、よければ試してみてください。

材料(5〜7人分)

・胸肉       1.6kg
★人参       4本
★長ネギ      3本
★セロリ      3枝
★玉ねぎ      2個
★にんにく     4片
★タイム      1枝
・レモン      1個
・マッシュルーム  500g
・生クリーム    250ml
・Crème épaisse(どろっとした生クリーム) 250ml
・バター      130g
・小麦粉      60g
・グレープシードオイル 80ml
・粗塩       スプーン1杯
・コショウ     少々
・クローブ     2つ

作り方

①肉を15cmくらいに切り、丸めてタコ糸で縛る。

②鍋に肉を入れ、10cm弱上くらいまで水を入れて沸騰させる。

③人参の皮をむき、セロリと長ネギは3等分に切り、玉ねぎにクローブを刺す。

④②を弱火にしてアクを取り除き、★の材料(③とにんにくとタイム)を入れて、蓋を閉める。

⑤少し経ったら、スプーン1杯の粗塩とコショウを追加し、弱火で1時間30分火にかける。

⑥その間に、ルーを作る。60gのバターを鍋にかけて溶かし、60gの小麦粉を加えて混ぜる。

⑦⑤の時間が経ったら、一旦肉と野菜を別のお皿に分ける。

⑧⑦のスープを濾して、肉や野菜のカスを取り除く。

⑨⑧に冷めたルーを少し入れ、沸騰したら生クリームを入れて火を弱める。

⑩人参・セロリ・長ネギを糸を取って食べやすい大きさに切る。

⑪⑨にルーを足し、Crème épaisseとレモン1/2個分の絞り汁を入れる。

⑫⑪に糸を取った肉を入れ、とろ火で煮込む。

⑬マッシュルームをレモン水(残り半分のレモンを使う)で洗い、オイルとバターでソテーする。

⑭お好みでご飯と合わせて、肉・野菜・マッシュルームを盛り、ソースをかけて完成!

    

肉の脂や野菜の甘みが滲み出て、クリームのまろやかさとマッチしてすごく美味しかったです!!バターをふんだんに使ってるので、翌日若干胃もたれしたけど。笑

ボルドーワインを合わせて飲んで、とてもフレンチを感じました…!

機会があればまた作ってみたいと思います。

-フランスワーホリ, 未分類, 海外生活

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【フランスワーホリ】パリのスト中空港に向かったら友達ができた話

現在フランス国内は絶賛大規模ストライキ中。 12月5日からパリ交通公団(RATP)やフランス国鉄(SNCF)も一斉にストをしていて、電車やメトロ、バスは多くの路線で運休が相次いでいます。無期限ストなの …

確証バイアスの具体例と問題点、その対策について

今回は、認知バイアスの一種である「確証バイアス」について紹介します。 Table of Contents 確証バイアスとは確証バイアスの具体例血液型恋愛おみくじや占い確証バイアスの問題点確証バイアスを …

【環境問題】大量生産・大量消費社会の終焉。エシカル消費を考える

私たちは今、大量生産・大量消費社会に生きています。 大量に作ったものを安く購入し、多くを消費して経済を回すことがいいことだという考えのもと、使い捨ての商品が広く普及し、修理すればまだ使えるものでも新品 …

【ドイツ旅行】ドレスデンの歴史的建造物や街並みが素敵だった

今回のドレスデン旅行の目的はクリスマスマーケットでしたが、マーケットだけでなくドレスデンの街全体が美しすぎて驚きました。 さっそく有名観光地や街の歴史を紹介していきます! Table of Conte …

【フランスワーホリ 】パリの刺繍屋さんに行ってBroderieを始めてみた

前からずっと興味のあった刺繍。刺繍の入った服とか小物とか好きで、お店とかで見るといつも惹かれてしまうのですが、オートクチュールの刺繍などでも有名なフランスでは、生活の中で刺繍雑貨を目にする機会も多いよ …

広告

スポンサーリンク


ゆきだるま

愛知県出身、フランスワーホリ中の1991年生まれ。旅と読書と編み物が趣味。大学の専攻は社会心理学。日本の伝統文化や植物の力(オーガニック、アロマ)に興味があります。好きな言葉は適材適所。世の中の偏ったステレオタイプをぶっ壊したい。外注ライターをしながらブログ執筆中。もっと詳しく見る