未分類 海外生活

【フランスワーホリ】超簡単!激旨カルボナーラの作り方

投稿日:

先日、ホストマザーに簡単かつ美味しい、本場イタリアっぽいカルボナーラの作り方を教えてもらったので公開します。ホストマザーは日本人だけど、イタリア人のハーフの同僚に教えてもらった作り方だそう。

日本だと、チーズが手に入りづらいからなかなか作れないかも。分量もちゃんと計ってないからわかりにくいけど、雰囲気でいけるはず!チーズの味がしっかりして、日本で食べるカルボナーラと違う味が楽しめたので機会があれば作ってみてください!

材料

パルメザンチーズの塊
卵黄   3個

全卵   1個
ベーコン 適量
パスタ  適量

作り方

1. パルメザンチーズを削る

まず、パルメザンチーズを削ります。ここだけ、チーズが固くてちょっと大変。

こんな感じ。

   

2. 卵を入れて混ぜる

適量の粉チーズを取り分けて、卵黄3つと全卵1つを入れます。贅沢だけど、卵白を入れ過ぎないのがポイントらしい。

こんな感じになるまで混ぜます。
今回は、ちょっとチーズが多過ぎたので卵を追加して調整しました。

   

3. パスタを入れて混ぜる

茹でたパスタを入れて混ぜます。

   

4. 盛り付け

盛り付けて、少し炒めたベーコンを乗っけて完成!お好みでペッパーを。
出来上がったらすぐに召し上がれ!

   

シンプルだけど、素材がいいと美味しい!チーズを削るのさえできちゃえば、あとは本当に一瞬でできる簡単カルボナーラ。パルメザンが手に入りそうな人はぜひお試しあれ〜

-未分類, 海外生活

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【コミュニティ論】Exclusiveな環境の中で、全てInclusiveな状態が一番ハッピーだと思う件について【持論】

以前、日々の生活の中でふと感じたことについて、こんなツイートをしたことがあります。 エクスクルーシブな環境の中で、全てインクルーシブな状態が一番ハッピーだと思うの。— yuki@🇫&# …

ノンストレスに生きる方法

最近の私は、「ノンストレスに生きる」をモットーにしています。 嫌なことや辛いことがあると、何も楽しめなくなるから。ストレスをなくすことでできた余裕でもっと楽しいことをしたい。 「引き寄せの法則」で有名 …

ラベリング理論とは?いじめや社会問題にも影響するラベリングの効果と具体例

「この世界は、ありとあらゆるものにラベルを貼ることで成り立っている」と言ったら大げさでしょうか。 目の前にある机や椅子も、スマホもPCも、近くにいるあの人も、「机」や「椅子」や「○○さん」という名前が …

【フランスワーホリ】パリのスト中空港に向かったら友達ができた話

現在フランス国内は絶賛大規模ストライキ中。 12月5日からパリ交通公団(RATP)やフランス国鉄(SNCF)も一斉にストをしていて、電車やメトロ、バスは多くの路線で運休が相次いでいます。無期限ストなの …

【パリ観光】ムーランルージュ(Moulin Rouge)に行ってきた

9月に日本から友達が来た際、パリのモンマルトルにある「ムーランルージュ」に行ってきました。 ムーランルージュは、1889年に誕生したキャバレーです。歌やダンス、大道芸を組み合わせたショーが有名で、ディ …

広告

スポンサーリンク


ゆきだるま

愛知県出身、フランスワーホリ中の1991年生まれ。旅と読書と編み物が趣味。大学の専攻は社会心理学。日本の伝統文化や植物の力(オーガニック、アロマ)に興味があります。好きな言葉は適材適所。世の中の偏ったステレオタイプをぶっ壊したい。外注ライターをしながらブログ執筆中。もっと詳しく見る