未分類 海外生活

【ドイツ旅行】フランクフルトのクリスマスマーケットに行ってきた 2019

投稿日:2019年12月1日 更新日:

今年もクリスマスの季節がやってきました。何年も前から行きたいと思っていたドイツのクリスマスマーケットにやっと行くことができました。

今回は、パリから日帰りでフランクフルトにバス旅行。メルヘンチックで可愛らしく、魅力溢れるマーケットの様子をご紹介します。

ドイツ最大級、歴史あるクリスマスマーケット

フランクフルトのクリスマスマーケットは、レーマー広場を中心にハウプトヴァッヘからマイン河畔までたくさんの屋台が並び、広さはドイツ最大級。さらに、1393年に始まったドイツ最古のクリスマスマーケットとする説もあります。

メルヘンチックなレーマー広場

木組みの家々やメリーゴーランド、可愛らしい装飾が相まって、メルヘンチックでおとぎの国のような空間が広がっています。

フランクフルト名物アップルワインと充実のグルメ

クリスマスマーケットといえばホットワインですが、フランクフルトで400年以上の歴史を持つと言われているアップルワインはフランクフルトならではの名物。

それと、ドイツといえばソーセージ。

ぷりっぷりで美味しかった!アップルワインは甘くて飲みやすくて、最高の組み合わせ!

寒い中飲むホットワインはとっても幸せな気分にしてくれます。注文時にコインみたいなのを渡されるので、飲み終わったらカップと一緒に返すとカップ代の返金があります。

他にも、串刺しのお肉、チーズ、プレッツェル、アーモンド、ワッフルなどなど、いろんなグルメが充実していました!

可愛いレープクーヘンのお店も。

デコレーションクッキーや、

チョコレートコーティングされたフルーツも写真映え!

多彩なクリスマスデコレーション

クリスマスグッズもお店によっていろんなものが置いてました。オーナメントとかはそれほどたくさん見なかったけど、手作り感のある可愛らしい商品も多くて見てるだけで楽しくなります。

白を基調としたセンスのいいグッズをいろいろ置いてるお店。

小ちゃい白いサンタ買った!可愛い〜

絵とか置物とかいろいろ買いたくなってしまうなぁ。

   

そんなこんなでフランクフルトのクリスマスマーケット、とっても楽しかったです!装飾の可愛さと、活気溢れる感じにワクワクしながら、日本とはまた違うクリスマス感を存分に味わうことができました。

12月に入り、クリスマス本番。今年はヨーロッパのクリスマスを満喫したいと思います!

クリスマスマーケット以外のフランクフルト情報はこちら。

-未分類, 海外生活

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【フランスワーホリ】渡仏して半年経った今のフランス語力を振り返る

私は2019年の6月からワーホリをスタートしたので、既に半年が過ぎたことになります。 フランスに1年住んだら日常会話くらい問題なくできるようになるかなーと思っていたけど、半年経った現在私のフランス語ス …

「やりたいことがわからない」を一瞬で解決する方法

「今の仕事がつらくて辞めたい」「卒業後の進路に迷う」「平凡な日々がつまらない」など、現状に不満や不安があり、何か新しく動き出したいけど、「自分の好きなことがわからない」「やりたいことがわからない」とい …

【パリ観光】日曜日はラスパイユのビオマルシェに行こう!

日曜日にパリ6区にあるラスパイユ(Boulevard Raspail)のBIOマルシェに行ってきました。 まだスト中でメトロの12番線が動いてないのでバスでRennes駅へ。 ラスパイユのビオマルシェ …

【ドイツ旅行】ベルリンのクリスマスマーケットに行ってきた 2019

クリスマスマーケットの本場ドイツ。特に有名なのはドレスデン・ニュンベルク・シュトゥットガルトの3大クリスマスマーケットですが、首都ベルリンには大小合わせて100以上のクリスマスマーケットがあり、個性的 …

【パリ観光】ムーランルージュ(Moulin Rouge)に行ってきた

9月に日本から友達が来た際、パリのモンマルトルにある「ムーランルージュ」に行ってきました。 ムーランルージュは、1889年に誕生したキャバレーです。歌やダンス、大道芸を組み合わせたショーが有名で、ディ …

広告

スポンサーリンク


ゆきだるま

愛知県出身、フランスワーホリ中の1991年生まれ。旅と読書と編み物が趣味。大学の専攻は社会心理学。日本の伝統文化や植物の力(オーガニック、アロマ)に興味があります。好きな言葉は適材適所。世の中の偏ったステレオタイプをぶっ壊したい。外注ライターをしながらブログ執筆中。もっと詳しく見る