【ドイツ旅行】フランクフルトのクリスマスマーケットに行ってきた 2019

未分類

今年もクリスマスの季節がやってきました。何年も前から行きたいと思っていたドイツのクリスマスマーケットにやっと行くことができました。

今回は、パリから日帰りでフランクフルトにバス旅行。メルヘンチックで可愛らしく、魅力溢れるマーケットの様子をご紹介します。

ドイツ最大級、歴史あるクリスマスマーケット

フランクフルトのクリスマスマーケットは、レーマー広場を中心にハウプトヴァッヘからマイン河畔までたくさんの屋台が並び、広さはドイツ最大級。さらに、1393年に始まったドイツ最古のクリスマスマーケットとする説もあります。

メルヘンチックなレーマー広場

木組みの家々やメリーゴーランド、可愛らしい装飾が相まって、メルヘンチックでおとぎの国のような空間が広がっています。

フランクフルト名物アップルワインと充実のグルメ

クリスマスマーケットといえばホットワインですが、フランクフルトで400年以上の歴史を持つと言われているアップルワインはフランクフルトならではの名物。

それと、ドイツといえばソーセージ。

ぷりっぷりで美味しかった!アップルワインは甘くて飲みやすくて、最高の組み合わせ!

寒い中飲むホットワインはとっても幸せな気分にしてくれます。注文時にコインみたいなのを渡されるので、飲み終わったらカップと一緒に返すとカップ代の返金があります。

他にも、串刺しのお肉、チーズ、プレッツェル、アーモンド、ワッフルなどなど、いろんなグルメが充実していました!

可愛いレープクーヘンのお店も。

デコレーションクッキーや、

チョコレートコーティングされたフルーツも写真映え!

多彩なクリスマスデコレーション

クリスマスグッズもお店によっていろんなものが置いてました。オーナメントとかはそれほどたくさん見なかったけど、手作り感のある可愛らしい商品も多くて見てるだけで楽しくなります。

白を基調としたセンスのいいグッズをいろいろ置いてるお店。

小ちゃい白いサンタ買った!可愛い〜

絵とか置物とかいろいろ買いたくなってしまうなぁ。

   

そんなこんなでフランクフルトのクリスマスマーケット、とっても楽しかったです!装飾の可愛さと、活気溢れる感じにワクワクしながら、日本とはまた違うクリスマス感を存分に味わうことができました。

12月に入り、クリスマス本番。今年はヨーロッパのクリスマスを満喫したいと思います!

クリスマスマーケット以外のフランクフルト情報はこちら。

コメント

タイトルとURLをコピーしました