未分類

【ドイツ旅行】パリからバスでフランクフルトに行ってきた

投稿日:2019年12月2日 更新日:

前回、フランクフルトのクリスマスマーケットの記事を書きましたが、今回はクリスマスマーケット以外の観光スポットやカフェの情報をお届けします。

行き方

パリのBercy Seine駅からFrankfurt central stationまでFlixBusで行きました。

片道26ユーロほどで所要時間は約8時間。運良く行きも帰りもほぼ隣の席に誰もいなくて快適でした。ただ、暖房がききすぎて空気が乾燥してたのが辛かったけど。

これまでに13〜14時間のバス旅を経験すると8時間は短く感じます。笑

フランクフルト中央駅

夜の22時過ぎに出発して、朝7時頃に到着。まだ外は真っ暗で、駅の中で軽い朝食を。

駅内にはフードコートがあり、パン屋さんやカフェ、イタリアンやアジア料理などいろんなお店が入っています。

そのあと電車やトラムはよくわからなかったので、中心地の方に向かって20分ほど歩きました。

レーマー広場

レーマー広場は、フランクフルト一番の観光名所とも言える場所です。ドイツらしい木組みの家が並び、メルヘンチックな雰囲気が味わえます。

クリスマス期間は大きなツリーも立っています。

マイン川

マイン川はフランクフルトを南北に分ける、ヨーロッパの中でも大きな河川の一つです。朝のマイン川はとても綺麗でした。

朝日を浴びながら川沿いをお散歩やランニングする人もたくさん。

夜のマイン川も美しく、一人で見るのはもったいないくらいの景色でした。

アイゼルナー橋(鉄の橋)

1869年に開通した橋で、フランクフルトの南北をつなぎます。橋を渡ると南側はザクセンハウゼン地区となります。

橋には大量の南京錠が。世界中いろんな場所で見られる恋人たちが愛を誓ってかけるやつですね。

夜の橋も水面に映る光がとても綺麗です。

地元で人気のカフェ Sugar Mama

ネットで調べて訪れたカフェ。いつも満席で入れないとのことだったので、開店と同時に行ってきました。ちょうど早朝から行動して疲れてきたタイミングだったのと、スマホの充電もできて完璧!

カプチーノとケーキをオーダー。ケーキはチョコとバタークリームで甘すぎるかと思いきや、ベリーの酸味と相まって絶妙な美味しさでした。

開店後どんどんお客さんが入ってきて、30分後くらいには満席に。みんなサラダプレート?的なメニューを食べてました。

パリと比べると価格も安いし、雰囲気もとてもいいお店で、行けてよかったです!ローカルな人気のカフェに行けるのは一番楽しいなぁ。

聖バルトロメウス教会

レーマー広場のすぐ横にあるゴシック様式の大聖堂。

朝早いと観光客も少なく静かでいい感じでした。

新・旧市街

レーマー広場から大聖堂に行く道に「新・旧市街」はあります。第二次世界大戦で破壊されたあと修復されて蘇った旧市街です。

アルテ・オーパー(旧オペラ座)

パリのオペラ座をモデルに1880年に建てられたというルネサンス様式の建物。戦後1981年に再建されました。残念ながら現在はこちらでオペラは上演されていないそうです。

建物の近くに立ってた謎の銅像。これは何のポーズなの…?

ゲーテ博物館とゲーテハウス

文豪ゲーテが生まれ育ったフランクフルト。今回中には入ってないですが、ゲーテの博物館や生家があります。博物館にはゲーテと同じ時代の画家の作品が展示されています。

ゲーテハウスでは、家族の書斎や食堂、キッチンなどが復元され、上流階級の当時の暮らしぶりを見ることができるそうです。

欧州中央銀行

フランクフルトはヨーロッパの金融の中心地。ビジネス街には欧州中央銀行の本店があったユーロタワーがそびえ立ち、大きなユーロマークは人気の写真スポットになっています。

クリスマスマーケット

フランクフルトのクリスマスマーケットは、ドイツ最大級で1393年からの長い歴史を持ち、メルヘンチックな雰囲気が魅力です。

クリスマスマーケットの記事はこちら。

ショッピングセンター「マイツァイル」

そんなこんなでフランクフルトの観光スポットやクリスマスマーケットを満喫しましたが、街全体はそれほど大きくないので、朝から夜22時過ぎに出るバスまで結構時間を持て余しました。

ツァイル通りにあるマイツァイルは、暖かい店内とトイレもあって休憩場所にぴったりでした。ツァイル通りにはいろんなお店が並んでいてショッピングも楽しめます。

    

以上、フランクフルトの観光スポットやカフェを紹介しました。ドイツの中で訪れたことがあるのはまだ数都市ですが、同じヨーロッパの隣国でもフランスとは違った文化や趣向があり、派手さはないけど素朴で落ち着く感じの雰囲気が好きだなぁと感じます。

またフランス以外にも旅行に行った際は現地レポしたいと思います。

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【ドイツ旅行】東ベルリンが面白い?弾丸1日観光

ドイツの首都ベルリン。ここ1年くらい、いろんな人に東ベルリンが面白いよ、好きだと思うよって勧められることが多くて気になってた街。 クリスマスマーケットの時期なので、ベルリンからバスで2時間半ほどのドレ …

【フランスワーホリ】隣のムッシュ直伝。Blanquette de veau(ブランケット・ド・ヴォー)の作り方

先日、隣の家のご夫婦とホームパーティーで、Blanquette de veau(ブランケット・ド・ヴォー)という「仔牛のクリーム煮」の作り方を教えてもらいました。 これを教えてくれたムッシュは、航空会 …

【パリ観光】木曜と日曜の朝はバスティーユのマルシェへGO!

バスティーユのマルシェに行ってきました。 パリでは至る所でマルシェが開催されますが、こちらはパリ市内最大規模。木曜と日曜に開催され、食料品から日用品まで様々なお店がバスティーユ広場に並びます。 行った …

【パリ観光】オルセー美術館と印象派作品

オルセー美術館は、ゴッホ・ゴーギャン・セザンヌ・ルノアール・モネ・マネ・ドガ・ドラクロア・ルソーなど印象派の画家の作品が数多く収蔵されている19世紀美術専門の美術館。 ルーブル美術館と並んでパリを代表 …

【ドイツ旅行】ベルリンのクリスマスマーケットに行ってきた 2019

クリスマスマーケットの本場ドイツ。特に有名なのはドレスデン・ニュンベルク・シュトゥットガルトの3大クリスマスマーケットですが、首都ベルリンには大小合わせて100以上のクリスマスマーケットがあり、個性的 …

広告

スポンサーリンク


ゆきだるま

愛知県出身、フランスワーホリ中の1991年生まれ。旅と読書と編み物が趣味。大学の専攻は社会心理学。日本の伝統文化や植物の力(オーガニック、アロマ)に興味があります。好きな言葉は適材適所。世の中の偏ったステレオタイプをぶっ壊したい。外注ライターをしながらブログ執筆中。もっと詳しく見る