【ドイツ旅行】友達が住むHusum(フーズム)をぶらり

未分類

前回、ハンブルク観光の記事を書きましたが、この旅行の目的地は友達が住む北ドイツにあるHusum(フーズム)という町でした。ハンブルクから車で2時間くらいの場所で、ほぼデンマークとの国境近くにあります。

Husum(フーズム)

ここも港が有名で、詩歌のシュトームがいつも曇ってるからGray townと称した町だそう。

確かにこの日も曇ってる。笑

港にはいろんなカフェやレストランがあって賑わっていました。

街に入っていくと、小さな可愛いお店がいろいろと並んでいます。

雑貨屋さんとか、

駄菓子屋さんとか

この黒いのはドイツで有名なグミらしくて試してみたけど、不味かった…笑

調べたらLAKRITZ SCHNECKEN(ラクリッツ シュネッケン)っていうみたい。「LAKRITZ」はリコリスという甘草の一種。「SCHNECKEN」はカタツムリ・渦巻き状のもの、という意味だそう。

知らなかったけど、あのハリボーからも同じようなのが出てて、日本では「黒いタイヤのグミはまずい」って言われてるらしい。確かに黒いタイヤみたいだし不味かった。笑

詩歌シュトームのお家。

レンガ造りの建物が可愛い!

とっても素敵な絵本屋さん。

   

  

並ぶ家々はどこもお花がいっぱい。

お家でビールやドイツっぽいご飯をいただきました。ザワークラウトとかお肉煮たのとかじゃがいもとか。

ドイツ人も特にドイツ料理ってそんなに食べないみたいだけど、せっかくだからっていろいろ用意してくれてありがたい〜

スーパーに売ってたソーセージの数々。

    

  

これは、謎に泥の中を歩くアクティビティー。

近くの海岸から出発したんだけど、結構な参加者がいることに驚き。

この島を目指します。

みんな足長すぎて歩くの早い…

やっと着いて、

足を洗って、

あったかいスープを飲みました。

途中疲れて、なんのために私はこんなところを歩いてるんだろう…と思ったけど、終わったら達成感と自然を感じた爽快感。海の中歩いて島に渡るなんてなかなかない機会だよな。

    

Friedrichstadt(フリードリッヒシュタット)

Moin Moin(モインモイン)は北ドイツのHelloなんだって。可愛い!

Husumから少し車を走らせて、Friedrichstadt(フリードリッヒシュタット)って町にも寄りました。可愛い街が好きなら気にいると思うよって。

うん、どんぴしゃ!!

きっと観光客がそんなに来る場所ではないんだけど、とにかく可愛い!

滞在時間は30分くらいだったけど、お散歩するだけでワクワク。

羊がいた。

   

そんな感じの北ドイツ旅行でした。やっぱりその土地の色を感じられる小さい田舎町は好きだなー!

自分一人じゃ来られなかった場所だから、ご縁に感謝!

ハンブルクについての記事はこちら。

コメント

タイトルとURLをコピーしました