フランスワーホリ 未分類 海外生活

【パリ観光】日曜日はラスパイユのビオマルシェに行こう!

投稿日:2020年1月7日 更新日:

日曜日にパリ6区にあるラスパイユ(Boulevard Raspail)のBIOマルシェに行ってきました。

まだスト中でメトロの12番線が動いてないのでバスでRennes駅へ。

ラスパイユのビオマルシェ
日曜日 9:00〜14:00

Marché BIO Raspail

500mくらいの距離にいろんなお店が並んでいます。オーガニック野菜、はちみつ、手作り化粧品や石鹸、アロマオイル、アクセサリー、チーズやお肉などなど。

お店の数は多すぎず、ジャンルも食べ物だけじゃなくいろいろあって、ちょうど良い感じで楽しんで回れました。

食べ物

ラクレットのクレープが美味しそうでした。

チーズの種類がすごい!

新鮮な野菜がたくさん。

パン屋さんもいろいろ。

牡蠣!

1月なので、ガレット・デ・ロワも。

雑貨

ストールやクッションカバー。

ばら撒き土産に良さそうな1ユーロの商品も。

アクセサリーや、

エコラップ。おばちゃんのセールストークがすごかったけど、他のお客さんにもらったチョコケーキ分けてくれた♪

その他

バラがいっぱい!

謎の置物。

まとめ

ビオマルシェだから野菜とか食べ物メインかなーと思って行ったけど、コスメや雑貨もたくさんあって面白かったです!環境や健康に優しいBIOの商品は見ているだけでも嬉しくなる。

お店の人がみんなフレンドリーで、もっとフランス語上達して会話できるようになりたい!と思いました。

そこにお店が出てる時にしか出会えない特別感と、生産者の顔がちゃんと見えるマルシェの文化、好きだなぁ。ラスパイユのビオマルシェ、チャンスがある方はぜひ!

-フランスワーホリ, 未分類, 海外生活

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【ベルギー旅行】パリからブリュッセル日帰り旅行に行ってきた(後編・チョコ編)

前回の記事では、ブリュッセルのムール貝、ワッフル、観光地についてご紹介しました。 今回は、ブリュッセル旅行の最大の目的と言ってもいいチョコについて。日本未上陸のお店を含め、おすすめのチョコレート店を見 …

【パリ観光】オルセー美術館と印象派作品

オルセー美術館は、ゴッホ・ゴーギャン・セザンヌ・ルノアール・モネ・マネ・ドガ・ドラクロア・ルソーなど印象派の画家の作品が数多く収蔵されている19世紀美術専門の美術館。 ルーブル美術館と並んでパリを代表 …

【フランス・ドイツ】独断と偏見で選ぶヨーロッパのクリスマスマーケットランキング

フランスワーホリ中でパリ近郊に住んでいるので、せっかくなら今年はヨーロッパ内のいろんなクリスマスマーケットに行こう!と思い、最終的にフランスとドイツ合わせて7ヶ所のクリスマスマーケットに行きました。 …

単純接触効果の解説と具体例、上手な使い方とは

今回は、単純接触効果について紹介します。 Table of Contents 単純接触効果とは不特定多数が対象無意識の役割「知っている」と親近感単純接触効果の具体例広告作られた流行単純接触効果の上手な …

【パリ観光】ピカソ美術館とピカソが天才たる所以

ピカソ美術館は、パリのマレ地区にある画家パブロ・ピカソの作品を収蔵・展示している国立美術館です。ピカソの遺族が相続税として物納した作品が中心に置かれ、ピカソが死去する最後まで手元に留めていた貴重なもの …

広告

スポンサーリンク


ゆきだるま

愛知県出身、フランスワーホリ中の1991年生まれ。旅と読書と編み物が趣味。大学の専攻は社会心理学。日本の伝統文化や植物の力(オーガニック、アロマ)に興味があります。好きな言葉は適材適所。世の中の偏ったステレオタイプをぶっ壊したい。外注ライターをしながらブログ執筆中。もっと詳しく見る