フランスワーホリ 未分類 海外生活

【フランスワーホリ】隣のマダム直伝。パンデピスの作り方

投稿日:2019年12月10日 更新日:

クリスマスサブレに引き続き、フランスのお菓子パン・デピス(Pain d’épices)の作り方を隣のマダムに教えてもらいました。

エピス(Épice)はフランス語で香辛料を意味する単語で、パン・デピスは「香辛料を使ったパン」という意味。クリスマスシーズンによく食べられる伝統的なお菓子です。

材料の種類が多く複雑に見えますが、作り方はとても簡単でした。はちみつたっぷり、砂糖は不使用なので自然な甘さが美味しいレシピをご紹介します。

材料

・はちみつ      300g
・バター       100g
・小麦粉       250g
・ベーキングパウダー 5g
・アーモンドプードル 50g
・重曹        10g
・キャトルエピス   小さじ2
(シナモン・ナツメグ・ジンジャーなどが入ったもの)
・塩         1つまみ
・卵         2個

用意するもの
・パウンドケーキ型25cm
・アルミホイル

作り方

①オーブンを170℃に温めておく。25cmの型にバターを塗る。

②鍋にバターを入れて溶かし、はちみつを入れて混ぜ、少し沸騰させて火を止める。

③ボウルに小麦粉とベーキングパウダーをふるい、アーモンドプードル、重曹、スパイス、塩を入れて混ぜる。

④③の真ん中に穴を作って②を入れて混ぜる。

⑤④に卵を加えて混ぜ、型に流し込む。

⑥170℃で10分焼いた後、150℃に温度を下げ、アルミホイルを被せて蓋をしてさらに30分焼いて完成!

⑦1日冷まして、翌日召し上がれ〜

  

はちみつの甘さとスパイスの香りがふわっと広がって美味しいパンデピスが出来ました。砂糖を使っていないので、たくさん食べても罪悪感が少ないのがいいですね!

クリスマスに向けてよかったら作ってみてください!

サクサク歯ごたえがあって美味しいクリスマスサブレの作り方はこちら。

-フランスワーホリ, 未分類, 海外生活

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【ドイツ旅行】ドイツ人の少年と喋ったら日本の教育について考えさせられた話

先日、ドイツの首都ベルリンに旅行に行った時のこと。なんてことない出来事なんだけど、過去の出来事にも派生して、教育の意味を考えるきっかけになりました。今回はそんなお話。 ドイツに行ったのは3回目ですが、 …

【パリ観光】オランジュリー美術館が素敵だった

オランジュリー美術館は、印象派クロード・モネの「睡蓮」の連作を収めるために整備された美術館です。 パリは毎月第一日曜日に美術館が無料になるので、一つずついろんな美術館を訪れていますが、オランジュリー美 …

【パリ観光】フラゴナール香水博物館の無料見学ツアーがおすすめ!

Fragonard(フラゴナール)は、フランスの老舗香水ブランド。香水のメッカとも呼ばれている南仏のグラースで1926年に創業されて以来、多くの人に愛され続けています。香水、石鹸、ボディクリーム、ルー …

【フランスワーホリ】中国国際航空(エアチャイナ)でパリへ。荷物や機内食、乗り継ぎは?

今回、名古屋からパリに向かう飛行機はエアチャイナ(中国国際航空)を使いました。セントレアから上海、トランジット8時間、上海からパリへというフライト。 ネットの口コミでは悪い評判も多い航空会社ですが、実 …

「やりたいことがわからない」を一瞬で解決する方法

「今の仕事がつらくて辞めたい」「卒業後の進路に迷う」「平凡な日々がつまらない」など、現状に不満や不安があり、何か新しく動き出したいけど、「自分の好きなことがわからない」「やりたいことがわからない」とい …

広告

スポンサーリンク


ゆきだるま

愛知県出身、フランスワーホリ中の1991年生まれ。旅と読書と編み物が趣味。大学の専攻は社会心理学。日本の伝統文化や植物の力(オーガニック、アロマ)に興味があります。好きな言葉は適材適所。世の中の偏ったステレオタイプをぶっ壊したい。外注ライターをしながらブログ執筆中。もっと詳しく見る