フランスワーホリ 未分類 海外生活

【フランスワーホリ】隣のマダム直伝。パンデピスの作り方

投稿日:2019年12月10日 更新日:

クリスマスサブレに引き続き、フランスのお菓子パン・デピス(Pain d’épices)の作り方を隣のマダムに教えてもらいました。

エピス(Épice)はフランス語で香辛料を意味する単語で、パン・デピスは「香辛料を使ったパン」という意味。クリスマスシーズンによく食べられる伝統的なお菓子です。

材料の種類が多く複雑に見えますが、作り方はとても簡単でした。はちみつたっぷり、砂糖は不使用なので自然な甘さが美味しいレシピをご紹介します。

材料

・はちみつ      300g
・バター       100g
・小麦粉       250g
・ベーキングパウダー 5g
・アーモンドプードル 50g
・重曹        10g
・キャトルエピス   小さじ2
(シナモン・ナツメグ・ジンジャーなどが入ったもの)
・塩         1つまみ
・卵         2個

用意するもの
・パウンドケーキ型25cm
・アルミホイル

作り方

①オーブンを170℃に温めておく。25cmの型にバターを塗る。

②鍋にバターを入れて溶かし、はちみつを入れて混ぜ、少し沸騰させて火を止める。

③ボウルに小麦粉とベーキングパウダーをふるい、アーモンドプードル、重曹、スパイス、塩を入れて混ぜる。

④③の真ん中に穴を作って②を入れて混ぜる。

⑤④に卵を加えて混ぜ、型に流し込む。

⑥170℃で10分焼いた後、150℃に温度を下げ、アルミホイルを被せて蓋をしてさらに30分焼いて完成!

⑦1日冷まして、翌日召し上がれ〜

  

はちみつの甘さとスパイスの香りがふわっと広がって美味しいパンデピスが出来ました。砂糖を使っていないので、たくさん食べても罪悪感が少ないのがいいですね!

クリスマスに向けてよかったら作ってみてください!

サクサク歯ごたえがあって美味しいクリスマスサブレの作り方はこちら。

-フランスワーホリ, 未分類, 海外生活

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ステレオタイプと偏見の心理学的な原因と対処法

この世の中は、ステレオタイプや偏見で溢れており、それが原因で引き起こされる問題も多くあります。 例えば、「良い大学に入って、大企業に就職できなければ負け組」「女は早く結婚をして子どもを産むべき」などと …

ノンストレスに生きる方法

最近の私は、「ノンストレスに生きる」をモットーにしています。 嫌なことや辛いことがあると、何も楽しめなくなるから。ストレスをなくすことでできた余裕でもっと楽しいことをしたい。 「引き寄せの法則」で有名 …

日本人の幸福度が低い理由と明るい未来のための考察

現在の日本社会を生きづらいと感じている人も多いのではないでしょうか。 ・人目を気にする生活・頑張っても報われない環境・肩書きが全ての社会・閉塞感のある雰囲気 しかし、こういう現状がある理由は私たち日本 …

【パリ観光】フラゴナール香水博物館の無料見学ツアーがおすすめ!

Fragonard(フラゴナール)は、フランスの老舗香水ブランド。香水のメッカとも呼ばれている南仏のグラースで1926年に創業されて以来、多くの人に愛され続けています。香水、石鹸、ボディクリーム、ルー …

【フランスワーホリ】パリでCrochet(編み物)を始める

なぜか、フランスに来てから編み物(Crochet・クロシェット)を始めました。 編み物をするのは、小学生の頃隣の家のおばちゃんに教えてもらいながらマフラーを編んだとき以来。 日本にいると忙しくしてしま …

広告

スポンサーリンク


ゆきだるま

愛知県出身、フランスワーホリ中の1991年生まれ。旅と読書と編み物が趣味。大学の専攻は社会心理学。日本の伝統文化や植物の力(オーガニック、アロマ)に興味があります。好きな言葉は適材適所。世の中の偏ったステレオタイプをぶっ壊したい。外注ライターをしながらブログ執筆中。もっと詳しく見る