フランスワーホリ 未分類 海外生活

【フランス観光】パリのおすすめ香水ショップ2選

投稿日:2019年12月7日 更新日:

香水の本場フランス。フランスでは、幼い頃から香りを身につける習慣があり、香水文化が根付いています。

そんなフランス・パリを訪れた際はチェックしたい香水ショップを2つご紹介します。

Fragonard(フラゴナール)

フラゴナールは、香水のメッカとも言われている南仏のグラースで生まれた老舗香水ブランド。香水や石鹸、ボディクリーム、ルームフレグランスなど、幅広い商品が揃い、香りのバラエティも豊富。

パッケージも色鮮やかで可愛いので、お土産にもぴったり。

日本でも人気が高いブランドですが、現在国内に店舗がないのでネットで購入する人も多数。ただ値段がかなり上がるので、フランスに来た際はぜひ訪れたいお店です。

無料の見学ツアーがあるフラゴナール香水博物館も必見!

L’Officine Universelle Buly(ビュリー)

ビュリーは、1803年パリ創業の総合美容薬局です。アルコールを一切つかわない水性香水が日本でも大人気。香水の他にも化粧水、ハンドクリーム、ボディーオイルなどが揃い、商品は全て天然の植物原料を使って作られています。

日本にも東京や京都に店舗がありますが、機会があればパリ本店にぜひ。店内は小さいですが、歴史と重厚感を感じる雰囲気がとても素敵です。

ルーブル美術館とコラボした限定商品の香りも試すことができます。

ラベルに名前や商品名をその場で記入してくれるカリグラフィーサービスがあるのも特別感があって嬉しいですね。

   

以上、パリのおすすめ香水ショップ2選でした。パリで自分に合ったお気に入りの香水を見つけたら、毎日香りを身につけるのが楽しくなりそうですね。

-フランスワーホリ, 未分類, 海外生活

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【ドイツ旅行】パリからバスでフランクフルトに行ってきた

前回、フランクフルトのクリスマスマーケットの記事を書きましたが、今回はクリスマスマーケット以外の観光スポットやカフェの情報をお届けします。 Table of Contents 行き方フランクフルト中央 …

【パリ観光】日曜日はラスパイユのビオマルシェに行こう!

日曜日にパリ6区にあるラスパイユ(Boulevard Raspail)のBIOマルシェに行ってきました。 まだスト中でメトロの12番線が動いてないのでバスでRennes駅へ。 ラスパイユのビオマルシェ …

日本人の幸福度が低い理由と明るい未来のための考察

現在の日本社会を生きづらいと感じている人も多いのではないでしょうか。 ・人目を気にする生活・頑張っても報われない環境・肩書きが全ての社会・閉塞感のある雰囲気 しかし、こういう現状がある理由は私たち日本 …

【大麻・マリファナ・ヘンプ】大麻合法化に向けて日本の歴史や活用事例まとめ

「大麻」「マリファナ」と聞くと、危険で悪質なドラッグというイメージが強いと思います。しかし、実は大麻が規制され出してからの歴史は浅く、日本では古来からさまざまな用途で活用されてきました。 そんな大麻に …

【フランスワーホリ】クリスマスシーズンのJardilandに行ってきた

先日、隣のおばちゃんと一緒にJardilandに行ってきました。 Jardilandは、フランスでチェーン展開されているガーデニングショップ。園芸品だけでなく、雑貨屋さんや小さいペットショップも兼ねて …

広告

スポンサーリンク


ゆきだるま

愛知県出身、フランスワーホリ中の1991年生まれ。旅と読書と編み物が趣味。大学の専攻は社会心理学。日本の伝統文化や植物の力(オーガニック、アロマ)に興味があります。好きな言葉は適材適所。世の中の偏ったステレオタイプをぶっ壊したい。外注ライターをしながらブログ執筆中。もっと詳しく見る