フランスワーホリ 未分類 海外生活

【フランス観光】パリのおすすめ香水ショップ2選

投稿日:2019年12月7日 更新日:

香水の本場フランス。フランスでは、幼い頃から香りを身につける習慣があり、香水文化が根付いています。

そんなフランス・パリを訪れた際はチェックしたい香水ショップを2つご紹介します。

Fragonard(フラゴナール)

フラゴナールは、香水のメッカとも言われている南仏のグラースで生まれた老舗香水ブランド。香水や石鹸、ボディクリーム、ルームフレグランスなど、幅広い商品が揃い、香りのバラエティも豊富。

パッケージも色鮮やかで可愛いので、お土産にもぴったり。

日本でも人気が高いブランドですが、現在国内に店舗がないのでネットで購入する人も多数。ただ値段がかなり上がるので、フランスに来た際はぜひ訪れたいお店です。

無料の見学ツアーがあるフラゴナール香水博物館も必見!

L’Officine Universelle Buly(ビュリー)

ビュリーは、1803年パリ創業の総合美容薬局です。アルコールを一切つかわない水性香水が日本でも大人気。香水の他にも化粧水、ハンドクリーム、ボディーオイルなどが揃い、商品は全て天然の植物原料を使って作られています。

日本にも東京や京都に店舗がありますが、機会があればパリ本店にぜひ。店内は小さいですが、歴史と重厚感を感じる雰囲気がとても素敵です。

ルーブル美術館とコラボした限定商品の香りも試すことができます。

ラベルに名前や商品名をその場で記入してくれるカリグラフィーサービスがあるのも特別感があって嬉しいですね。

   

以上、パリのおすすめ香水ショップ2選でした。パリで自分に合ったお気に入りの香水を見つけたら、毎日香りを身につけるのが楽しくなりそうですね。

-フランスワーホリ, 未分類, 海外生活

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【パリ観光】オランジュリー美術館が素敵だった

オランジュリー美術館は、印象派クロード・モネの「睡蓮」の連作を収めるために整備された美術館です。 パリは毎月第一日曜日に美術館が無料になるので、一つずついろんな美術館を訪れていますが、オランジュリー美 …

【ドイツ旅行】片道6ユーロ!ベルリンからドレスデンにバスで行く方法

前回、ドレスデンのクリスマスマーケットの様子を記事にしましたが、ドレスデンまではベルリンから格安バスで行きました。片道6ユーロと激安で、所要時間も2時間半程度なのでとても便利です。今回はチケットの取り …

今自分が正しい方向に進んでいるか確かめる方法

自分の人生が今後どうなっていくのか、今のままでいいんだろうか、悩むことってありますよね。 前回の記事で、自分の願望を叶えるためにはまずは心の余裕を持つことが大事という話をしました。ストレスをなくし、「 …

【パリ観光】ピカソ美術館とピカソが天才たる所以

ピカソ美術館は、パリのマレ地区にある画家パブロ・ピカソの作品を収蔵・展示している国立美術館です。ピカソの遺族が相続税として物納した作品が中心に置かれ、ピカソが死去する最後まで手元に留めていた貴重なもの …

日本人が失いかけている目に見えないものを大切にする力とは

フランスで生活していると、「人生で本当に大切なことは何か」ということを考えさせられます。 「目に見えないもの」って信じますか?今回は、そんな話をしようと思います。 この世界には、目に見えるものと見えな …

広告

スポンサーリンク


ゆきだるま

愛知県出身、フランスワーホリ中の1991年生まれ。旅と読書と編み物が趣味。大学の専攻は社会心理学。日本の伝統文化や植物の力(オーガニック、アロマ)に興味があります。好きな言葉は適材適所。世の中の偏ったステレオタイプをぶっ壊したい。外注ライターをしながらブログ執筆中。もっと詳しく見る